交通事故の示談

交通事故に巻き込まれて被害者となりケガをした場合、示談交渉の中で相手サイドから治療打ち切りを宣告されることがあるので要注意です。
交通事故に遭いケガをすると、入院や通院をして治療を受ける必要があります。被害者は、被った損失について相手に対し損害賠償請求する権利を持ちます。賠償請求できる項目は、とても多岐にわたっていて複雑です。
賠償項目は、大きく分けると実際に出費があった積極損害・将来的にも減ってしまう収入などの消極損害・精神的な苦痛に対して支払われる慰謝料に分けることができます。
このうち、積極損害には入院や通院の治療費・病院までの交通費・車いすなどの購入代金・壊れた物の修理や買い替え代金などが入ります。積極損害については、原則として実費で計算されるのが一般的です。
損害賠償請求の内容、加害者から実際に支払ってもらう賠償金の額や内訳については、事故の当事者同士が話し合う示談交渉の中で決定します。示談交渉は当事者どうしの話し合いなのですが、実際にはほとんどのケースで相手サイドからは保険会社の担当者が交渉にあたります。
これは、ほとんどの自動車保険についている示談交渉代行サービスによります。示談交渉代行サービスは運転中に事故を起こして加害者となってしまった時に備えるもので、加害者はこのサービスを利用することで保険会社に味方についてもらうということです。一方被害者の立場では、自分に過失がなく相手に対して賠償責任もないとなると自分の任意保険の示談交渉代行サービスは使えないことになっています。よって、そのままですと自分一人で相手の保険会社と交渉することになります。
ここで、相手の保険会社の立場はというと、加害者が被害者に対して支払う賠償金を保険金給付という形で代わって支払う立場にあります。そのため、保険会社としては支払う賠償金額はできる限り抑えたいところです。示談交渉を進める中で、相手の保険会社は少なく見積もった賠償金額で示談の早期合意に持ち込もうとすることもあります。被害者は、相手の保険会社の提示する内容をしっかりと見極める必要に迫られます
交通事故でケガをすると、その治療がひと段落しても症状が続いて後遺症となってしまうことがあります。事故の瞬間の衝撃が元で首や腰に痛みが続くむち打ちは、交通事故の後遺症の代表です。
整骨院や接骨院の中には、むち打ちなど後遺症の根本改善が得意な治療院があります。後遺症治療に強い整骨院や接骨院には、病院の整形外科などから多くの方が転院される症例が少なくないようです。自賠責保険・任意保険と自動車保険を取り扱う整骨院や接骨院なら、相手の保険の補償でむち打ちなどの後遺症治療に通えます。

後遺症治療の注意点

この整骨院や接骨院での後遺症治療について、示談交渉の中で相手の保険会社から治療打ち切りを言い渡されることがあります。理由は、整骨院や接骨院の治療は補償範囲外というものです。しかし、回復のために必要な治療であれば被害者にはその費用を請求する正当な権利があります。相手の保険会社に言われるがままに示談に応じてしまうと、被害者は大きな損をしてしまうことがありますから要注意です。
弁護士の中には、示談交渉や損害賠償請求問題に強い先生がいます。交通事故専門の弁護士は、被害者の味方という立場に立って受け取れる賠償金の正当な増額に尽力してくれます
むち打ちなどの後遺症による整骨院や接骨院での治療打ち切りを相手の保険会社から宣告されたら、交通事故専門の弁護士に相談するのが一番です。弁護士は被害者に代わって示談交渉にあたり、回復のために必要な治療であればその費用を正当に受け取れるよう相手の保険会社に交渉してくれます。