誠意がないケースは注意

交通事故で被害者になった場合、心身と自分の車両に大きなダメージを受けてしまいます。加害者からの誠意がないケースでは、その分も含めて請求したいと考えるのは当然の話です。しかし、誠意の基準が人それぞれであるのも事実だから、常に客観的な視点を持つのが大人の対応となります。被害者と会いたくないといった理由で加害者が保険会社に全て任せてしまう事例も多く、その場合は交通事故についての反省の有無すら分かりません。初回のみ本人が手土産を持参して謝罪に訪れ、以後は保険会社の担当者に示談交渉を引き継ぐと告げるのが普通の対応です。
誠意がないと感じたら、自分の感情だけで判断せずに状況を整理しましょう。加害者が謝罪に来ないことで怒る方もいますが、保険会社が代わりに示談交渉を行っているのなら逃げ回っているわけではありません。本人からの謝罪がないのが不満ならば、保険会社の担当者に要求することで謝罪の手紙などをもらえる可能性があります。切実な問題になってしまうのが、本人の代理からも全く連絡がこないパターンです。自分が被った損害を補償してもらえないと、被害者が自ら支払う選択肢だけになってしまいます。怪我はすぐに治療する必要がある上に、破損した車両も早く修理しなければいけません。精神的にショックを受けた直後に、大きな出費まで強いられては大変だから、法律の専門家の力を借りましょう。

損害賠償のトラブル

損害賠償で悩んでいる事例では、弁護士に依頼するのが効果的です。誠意がない人間との交渉のノウハウが豊富で、法律とテクニックによって問題を解決してくれます。どの弁護士でも扱えるものの、できるだけ交通事故に詳しいプロを選ぶのがコツです。損害賠償金の相場を熟知しているので、依頼人のために最善を尽くしてくれます。誠意がない加害者を説得するだけで解決する問題なら、弁護士という誰もが認める法律のプロに任せることで良い結果になるのです。交通事故によっては無保険の人や外国人との交渉になるから、自分では対応しきれないと感じたら法律事務所に相談してみましょう。怪我の治療として認められる範囲などの様々な項目が関係してくるから、早めに相談しておくのがポイントです
頑なに謝ろうとしない相手に普通に接するのは、被害者としては難しい行為です。誠意がないのだったら、こちらも弁護士に示談交渉を任せてしまうのが1つの方法として挙げられます。まともに話し合える相手では、弁護士からのアドバイスだけでも有効です。加害者側の交渉人が本人と保険会社のどちらであっても、相手のペースに巻き込まれそうだと判断した時点で一度仕切り直しましょう。感情的にならずに対応することで、示談交渉を有利に進められます。ただし、損害賠償請求はお金の話であり、交通事故の加害者側の言いなりになることは厳禁です。民事事件では当事者同士が合意した時点で問題が解決したと見なされるため、口頭であっても相手の言い分を肯定したら終了になります。

交通事故の示談交渉

交通事故の示談交渉では、堂々と被害者として正当な理由による請求を行うのがセオリーです。被害者が自ら誠意がない相手や保険会社の担当者と交渉すると不利になりやすいので、法律に基づいた権利を行使してくれる弁護士に委任することでパワーバランスを変えましょう。豊富な知識がある弁護士は正しい金額で請求を行い、話が通じなければ法的な手段によって実現します。弁護士が交渉の場に現れただけで態度を変える人間が多いのは、それだけ権威と実力がある証拠です。最初から弁護士に任せることでスムーズに解決できるので、実際に委任するのかは別として法律相談によって現状を把握しておきましょう。相手の出方によっては、正式に委任することも視野に入れるのがベターです。