弁護士特約

自分で希望するかどうかは問わず、運が悪いと交通事故に遭ってしまう可能性があります。交通事故の被害にあってしまった場合には、交通事故の処理をしなければなりませんが、被害者の場合には慰謝料請求などをすることができます。

交通事故慰謝料の基準

とはいっても、自分で慰謝料請求がなかなか難しいですので、保険会社に頼る必要があります。この場合、自賠責保険に加入しているのは普通ですので相手の自賠責保険で慰謝料請求ができるようなです。ただし、慰謝料請求の場合は自賠責保険だと不利になる可能性が高いでしょう。なぜなら、任意保険と比べた時に保証される金額が非常に少ないからです。もちろんもともと被害者を救うのが目的でつくられたのが自賠責保険ですので、それなりの金額を請求することができますが任意保険に比べると保障が不十分な可能性もあります。ちなみに、自動車を所有している人の中で、自賠責保険しか加入していない人は2割弱になるとされています。運が良ければ任意保険で慰謝料請求をすることができますが、そうでなければ自賠責保険の慰謝料請求になるでしょう。

保険に加入している人が交通事故を起こし被害者に慰謝料請求をされたのだが任意保険の会社がその事故を受け持つことになります。被害者側からすれば、加害者側の任意保険の会社は加害者に有利なように結果を出すのではないかと心配しているかもしれません。確かに、保険会社としてはあまり余分にお金を払いたくないため必要最低限の慰謝料請求だけを認めるようなことも考えられないわけではありません。

ですが実際には、そのようなことをするとその保険会社の評判がたちまち落ちてしまいますので、わざわざ被害者に不利になるようなことをすることはないと考えておきましょう。

弁護士特約とは?

では、それ以外に請求する方法はないかといえば実は弁護士を利用して請求する方法もあります。例えばに保険の中には弁護士特約と呼ばれるものが付いており、それに加入すれば交通事故の被害者になった場合に弁護士を無料で利用できます。保険会社の立場からすれば、弁護士や特約を結んだ顧客が被害者になった場合、弁護士を無料で付けることができるためその分、お金を弁護士に支払わなければなりません。こうすることで、気軽に弁護士を利用することができるようになっています。

もし弁護士特約がなければ、わざわざ高いお金を払って弁護士を雇うようなことはしないでしょう。もちろん時と場合により状況は変わってきますが、弁護士に払う費用のことを考えるといくら慰謝料をもらったとしてもその分を負担が大きくなってしまい慰謝料もらう意味が薄れてしまいます。ですが、弁護士特約を付けておくことでたくさんのメリットがあるので可能な限りつけておきましょう。

では実際にどのようなメリットがあるかといえば、まず交通事故弁護士にかかる費用はほとんどないことです。相談から着手金そして成功報酬までも、会社の方が代わりに支払ってくれることになります。金銭的な負担がなければ、気軽に弁護士と話し合うことも出来そこから有利な結論を導き出すことも可能です。次のメリットは、面倒な手続きなどを弁護士の方で行ってくれる点です。交通事故の時に慰謝料請求するための書類などは素人が書くのはあまりにも難しいです。もちろん勉強すれば書くことができますが、そもそもそのために勉強することは考えにくいだけでなく何より時間がないでしょう。そのような状態のときに、弁護士を利用することができれば非常にお得になります。せっかく自分で書類を書いたのに、書類自体が間違っていて書きなおしの手間がかかるようなことも一切ありません。

それ以外のメリットとしては、慰謝料請求をする場合に請求できる金額が増える点です。基本的に任意保険に相手が加入している場合には、任意保険基準と呼ばれるものが適用されます。この基準は自賠責基準よりも高い額の慰謝料請求ができる点に大きな魅力があるといえます。ですが、それ以上に高い金額で請求できるのが弁護士基準と呼ばれるものです。弁護士基準が適用されるのは、実際に弁護士に自己を担当してもらった場合に限られるでしょう。この点に関して、弁護士に相談しただけで弁護士基準が適用されるか問題になりますが、基本的にそのような考え方は否定しています。弁護士が積極的に関与して解決に導いていくのが弁護士基準の考え方ですので、単に相談しただけではこの基準を利用することはできません。

さらに、精神面でも安心できる点がメリットになります。交通事故弁護士は、交通事故の専門家になりますので交通事故のことを専門的に学んでいます。それだけでなく、手続きなども全般的に行えるような経験を持っていますので安心できるのは当然です。

このように、弁護士特約を付けるだけで非常に大きなメリットはありますがその半面保険を結ぶとき毎年弁護士特約の分だけ多めに費用を払わなければいけないといった欠点もあります。絶対に事故を起こさない人はいませんが、事故を起こす人は限られていますので無理して入る必要もありませんが、入っておいた方がためになります。