交通事故でその場の示談は危険

普段、生活をしているとさまざまなトラブルに巻き込まれることがあります。できるだけトラブルにならないように、常に気をつけていても、周囲からなんらかの接触、そして車やバイク、自転車などの乗り物などでの交通事故などの場合には、回避できない状況の時もあります。まさか自分が事故に巻き込まれるとは思っていなくても、実際には、何が起きるかわからないのが世の中の常です。

また、自分が加害者になる場合や被害者の立場になるのかにもよって、自分が相手に対して慰謝料を払うことになるのか、または、自分が負傷してしまったため、相手に対して慰謝料を請求できるのかなど、ケースバイケースといえるでしょう。

自分が事故に巻きこまれ、負傷をしてしまった場合などは、その場で本人同士で話し合いや示談にするのは、後々、負傷したところが、後遺症などがでてしまう場合なども考慮するとやめておくほうがいいでしょう。きちんと事故が起きた場合には、まずは警察に連絡を入れて、警察を交えてきちんとした話し合いをすることが大切です。事故が起きてしまい、ましてや自分が負傷、痛みや動揺は隠し切れません。そのため、相手がきちんとした対応をしてくれる場合はいいですが、相手も、あせっている場合、または、自分の責任を逃れようと必死にごまかそうとすることも考えられます。本人同士では、状況によっては、かなり不利な状況になることもあるため、警察を交えて正しく事故の状況を判断してもらうようにしましょう。

慰謝料は弁護士相談を!

また、慰謝料など、事故の状況、また負傷したケガの具合などにもよりますが、弁護士に頼んでみるといいでしょう。自分では、事故の時の、慰謝料などの基準もいまいちわからないということもあるでしょう。その場合には、弁護士に事故の状況、また自身のケガの具合などを考慮、そして精神的な面、そして事故後の生活などに支障がでるのかどうかなどすべての状況から、適切な慰謝料を請求できるように、専門家に頼るほうがいいでしょう。

事故後は、ケガを治すことに専念することも大切ではありますが、保険などの関係上、事故の状況などを保険会社に伝えたり、さまざまな書類にサインをしたりと忙しい場合もあります。怪我でそれどころではないと感じるのもいたし方ありませんが、手続きなどが滞らないようにすることも、事故後の処理がスムーズに進ませることも、治療費などや生活などを続けていくためには、重要なことです。