交通事故の成果報酬型が良い理由

弁護士に支払う費用というのはかなり高くなっているので、任意保険の中には弁護士特約が付いている種類を選ぶという人も多いでしょう。また、弁護士の報酬も誰に依頼するのかで変わってきます。そこで重要なことがいくつかあるのですが、実際に支払ってもらった慰謝料よりも高くならないようにするためには、完全後払い制で支払いを行うことができる弁護士にするべきです。なぜ完全後払い制がよいのでしょうか。

弁護士費用の解説

弁護士の報酬には、相談料と着手金、そして成功報酬があります。相談料というのは相談をした時点で発生するので、通常は相談が終わってから支払うことになるでしょう。しかし、中には最初に支払いを行ってから時間を決めて相談をするケースもあります。このような場合、きちんと相談に乗ってくれない弁護士にも報酬を支払わなければいけなくなることがあるのです。よって相談料は必ず相談が終わってから支払うべきだと言えるでしょう。

着手金は弁護士が行動を起こすときに必要になるので、きちんと行動を起こして依頼者に有利に進めてもらう必要があるため、やはり最初に支払うのではなく、これだけのことを行ってくれたということに対して支払いをするべきです。よって着手金も後払いが一般的でしょう。成功報酬に関しては、先払いということはまずありません。万が一成功報酬が先払いとなっていた場合には、その弁護士に依頼するべきではないでしょう。ここでもう1つ重要な点があります。

それは相談料や着手金が無料になっている方がよいということです。そうすれば確実に完全後払い制になるだけではなく、成功しなければ報酬を支払う必要がなくなるので、弁護士もきちんと対応してくれる可能性が高いと言えるでしょう。そのため、完全後払い制になっている弁護士の場合には、相談料や着手金が無料になっているケースも多いのです。このような弁護士に交通事故対策の依頼をすれば、保険会社との交渉も安心して任せれますし、裁判になったときでも安心できます。