交通事故直後、痛くなくてもすぐ「病院」へ

交通事故が発生したときには、病院へ行くこともあります。どのようなときに病院へ行くのかというと、交通事故が発生したときにケガをした場合ですが、見た目にはケガをしていないように見える場合もあるでしょう。軽くぶつかった程度であればまだよいのですが、かなり勢いよく追突してしまった場合には、特に自覚症状がなくても病院へ行っておくべきです。なぜなら後になってから症状が出てしまうことがあるからです。

ここで重要なことが1つあるのですが、症状が出ていないからと言って、交通事故が発生したときに救急車で病院へ行かないと、人身事故扱いにしてもらえません。なぜなら後から病院へ行くと、本当に交通事故が原因で病院へ行ったという証明ができないからです。被害者の中には、後から体の具合が悪いからと病院へ行き、診察料が高いからと言って加害者に交通事故が原因で病院へ行ったと嘘をついて請求する人もいるからです。

このようなトラブルが起きないために、交通事故が発生したときにその場から病院へ行くことが人身事故になる条件だと言えるでしょう。また、軽くぶつかった場合であっても、被害者の体に障害がある場合や、生まれたばかりの子供がいる場合、妊婦である場合などは病院へ行くべきです。万が一のときを考えておくことも重要なのですが、特に強い衝撃を受けてどこかにぶつけてしまった場合には、自覚症状がなくても必ず病院へ行って詳しく検査を受けておく必要があると言えるでしょう。

交通事故に巻き込まれた人は、通常加害者に対して怒っているので、現時点では痛みを感じない場合もあります。強い衝撃を受けた上に、体をどこかにぶつけてしまった場合には、むち打ちや脳内出血を起こしてる可能性もあるのです。これらの症状は時間差で現れてくることが多いため、必ず病院へ行きましょう。このときに病院で検査を受けておけば、後から症状が出たとしても、交通事故が原因だと証明することができるのです。そうすれば慰謝料を支払ってもらうことができます。

交通事故での健康保険の使い方

交通事故を起こして病院へ行った場合、健康保険が適用できないと言われた経験をした人もいるでしょう。健康保険が使えない場合というのは、保険料を支払っていない場合、業務上で起きた事故、法律に違反して負傷をした場合、第三者によって傷を負った場合などです。健康保険は半強制的に徴収されるので、支払をしていないということは普通ありえません。よって健康保険料の未払いで保険が適用できなくなった場合には、諦めるしかないでしょう。

次に業務上で発生した事故であった場合ですが、通勤途中に交通事故の被害に遭うと、健康保険が適用できないから、労災保険を適用するようにと言われることがあります。この場合には労災を適用してもよいのですが、会社側が嫌な顔をする場合もあるでしょう。しかし、公的医療保険に傷病届けという書類を提出して手続きすることで、健康保険の適用が可能になります。もし労災を使って欲しい、第三者によって傷病が発生したので健康保険が適用外になると言われた場合には、第三者行為による傷病届けを提出すると伝えましょう。

そうすることで健康保険が適用できるので安心してください。交通事故で負傷した場合には、救急車を使って病院へ行くようになるので、自分で病院を選ぶことはできません。病院によっては信頼できない医師や受付がいる可能性もあるので、このような場合には健康保険の適用ができないと突っぱねてくることもあります。そうしたら領収書をきちんともらって保管しておきましょう。なぜなら後から加害者に請求するためです。

もちろん公的医療保険機関にもこの病院でこのように言われたという報告をしておけば、きちんと対処してくれることもあるでしょう。では、加害者の健康保険を使うことはできないのかというと、実は使える可能性もあるのです。もし加害者の健康保険を使う場合には、加害者側が自ら公的医療保険機関に電話をして、対応してほしいと報告します。大したケガではなく、このようにきちんと対応してくれた場合には、水に流して加害者を許してあげるべきでしょう。