自動車事故はいくら注意してもどうしても起こってしまいます。それは自動車事故の94%がヒューマンエラーだからなのです。人間が運転しなくても勝手に安全走行する自動運転車は目的地さえ入力すれば後は勝手に走行するだけです。ここでは自動運転車について考えてみましょう。

【自動運転車のハンドルは危険である】

自動運転車は最適なルートを判断して走行をしてくれ、周りの状況を察知して、スピードを変えたり、車線変更をしたりします。自動運転車にはブレーキやハンドルなどの人間に向けて作られた機能は不要と考えられており、政府もそのような車を作るように働きかけてきています。ハンドルやアクセルを操作しなくても車が安全に目的地まで走行してくれるというコンセプトのもと自動運転車は製造されています。

【東京オリンピックまでの実用化を目指す自動運転車】

自動運転車は未来に出てくる乗り物として考えられてきましたが、自動運転車では急ピッチに自動運転車の開発がすすめられています。政府と自動車メーカーによっては、東京五輪が開催される平成32年の実用化を表明しています。特に今年は日産自動車が一定の条件で、自動運転車が可能な新型車をあればそれを投入するという計画を立てています。

【自動運転車のあれこれ】

自動運転車はレーダーやカメラなどのセンサーを搭載しており、周囲に歩いている人や車、信号などを自動的に認識しています。衛生利用測位システムであるGPSや地図データについて基づいて目的地まで安全走行するのはメーカーでは難しいかもしれませんね。自動運転車のメリットは事故を防止できる点です。居眠りや注意散漫な状態をなくし人的なミスを軽減してくれます。トラックや高速バスの運転も自動運転車によってその態度が分かるはずです。自動運転車はミスを減らすことで運転手のダメージを少なくして、高齢ドライバーの事故防止の期待もできるはずです。一度は自動運転車をためしてみたいなと感じている親御さんも多いでしょう。